認知症の症状

認知症とは

医者

認知症とはあるアルツハイマーや脳欠陥性認知症が一般的に知られていますが特に女性におおいいのが、アルツハイマー型の認知症と言われています。 薬を飲んでの治療が進められていますが現在の段階では完全に直すことはできない病気として扱われています。 治療といった目的で薬を利用して進行を送らせることは出来ますが進行その物を防ぐことは難しいと言われています。 言語障害などは見受けられることはないものの徘徊や感情失禁といったものや幻覚症状などか現れてきます。 新しいことを記憶することは難しいですが元々行っていたことをリハビリなどを通じて訓練をすることで本来持っていた機能を取り戻すことは可能な場合もあります。認知症の進行や介護度によっても見極めが必要になってくるのです。

残存機能の維持

認知症が進行する過程において独居での生活や外部との交流が少なくなり交流その物を遮断してしまうことがあります。 高齢になると年齢に応じた物忘れなどは誰にでもあるものですが認知症も会話をある程度聞いていないと端から見る分には健常者となにも変わらないので見極めが難しい部分もあります。 アルツハイマーの治療は薬だけではなく地域の交流や対人関係を作り上げることでも防ぐことができます。 自発的な行動を起こさなくなるのも認知症の症状の1つであり治療を目的としたサプリメントなどもありますが、他の薬と併用しても問題がないか医師の指示を受けてから取り入れると良いです。 地域の理解が必要不可欠であり第三者の協力があってはじめてアルツハイマーを防ぐことが出きるのです。

どこがいいか

オフィス

介護業界で業務の効率化を目指すために今注目を集めているのが、介護システムになります。パソコン以外のタブレッドなどでも使用できることから、利用のしやすさが普及の理由でしょう。

詳細を確認する...

続けたい自宅の暮らし

介護

高齢になっても住み慣れた住まいで暮らしていきたいような場合には、バリアフリーのリフォームをして、衰えがちな身体機能をカバーしてリスクを未然に防ぐようにするのがいいでしょう。バリアフリーのリフォームによって十分に快適な暮らしができます。

詳細を確認する...

住宅改修で快適な介護生活

介護

DIYにてリフォームを行いバリアフリー化する方法について簡単な解説を行っています。バリアフリーを行う上でのポイントとしては、実際に介護される側の目線に立って活用しやすいように手すりなどを装着しましょう。また段差ではスロープを付けるのも効果的なリフォームのポイントです。

詳細を確認する...